Yamagata Bar Association
形県護士会

 山形県弁護士会について

 

会長あいさつ

 

 山形県弁護士会のホームページにお越しいただきましてありがとうございます。

 

 2019年度の会長に就任いたしました脇山拓です。鶴岡市に事務所のある弁護士が会長となるのは山形県弁護士会の歴史上初めてのことになります。4月1日からの1年間、細江大樹、阿部定治、武田朋泰、橋本一馬の4名の副会長とともに山形県弁護士会の会務を担当いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 山形県弁護士会は、山形県内に事務所を有する弁護士全員が所属する団体で、2019年4月1日現在の会員数は99名です。事務所の所在地は、山形市64名、天童市1名、山辺町1名、米沢市10名、長井市1名、鶴岡市8名、酒田市10名、新庄市4名となっております。

 私たち弁護士の使命は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することにあります。その使命を果たすために、個々の弁護士はもちろん、山形県弁護士会としても様々な公益的活動を行っています。

 県民のみなさまが抱える様々な法律問題を解決するために、県内5ヶ所に法律相談センターを設置しているほか、各種の相談窓口も設けています。詳細は当ホームページの「法律相談案内」に掲載されていますので、どうぞお気軽にご利用下さい。

 また、山形県弁護士会には、様々な分野にわたって30余の委員会があります。詳しくは「弁護士会とは」をご覧下さい。各委員会では、日々その分野の課題に取り組んでいるほか、無料相談会(110番)を開催したり、市民集会や講演会を企画したり、県内の学校から申出があれば模擬裁判や法教育の出前授業に赴いたり、みなさまからの要望に応じて憲法に関する話しをさせていただく講師を派遣したりしています。もし、興味のある企画等がございましたら積極的に参加・利用ください。

 

 これからも山形県弁護士会は、県民のみなさまに寄り添い、地域に根ざした法的支援をお届けできるよう、そして、県民のみなさまの安心安全な暮らしに貢献できるよう尽力してまいります。

 

山形県弁護士会  
会長 脇山  拓


上へ

Copyright © 2004-2015 Yamagata Bar Association,